◆お知らせ


【今年の行事】
◆8/6(日)コンクール県大会
@名古屋文理大学文化フォーラム
3団体出場で、3位銀賞でした。
【課題曲】三善 晃「子どもは…」
【自由曲】Marek Raczyński「Dominus illuminatio mea」
Felix Mendelssohn 「Richte mich, Gott」


次は年末、
◆12/23(土)VoxMEA音楽祭2017
@名古屋市中川文化小劇場


★6/11合唱祭の演奏写真


◆団員募集中
興味を持たれた方は Mail to VoxMEA (代表:伊藤) まで
yahoo , gmail , icloud 等、「携帯以外のアドレス」 からご連絡いただきたいです。
*携帯からですとスパムメールとしてはじかれてしまう可能性が高いためです。

サイト内「活動計画カレンダー」にて練習予定を掲載しております。
詳しくは本サイト内 “VoxMEA” とは?をご覧ください。



春合宿

春合宿1
ちょうど桜の時期に合宿を行いました。

春合宿2

練習はコンクール自由曲である三善晃作曲“五つの童画”より『砂時計』・『どんぐりのコマ』の基本的事項の確認、音取り、アンサンブルを中心に行いました。
結構難しい2曲の初練習でしたが、参加者の集中力が半端なかったせいか、この2日間の練習でかなり煮詰めることができました。2,3年前のコンクール直前合宿くらいの緊張感があったように思います。
今年の合唱祭ではこの『砂時計』も演奏するんですね。いつもは力を抜いた選曲でしたが今年はガチンコモードで、同じ愛知県で合唱をやっている方々に対して、十分に披露するレベルの演奏をできるんじゃないでしょうか。
…なんて大口を叩いてしまいましたが、コンクール県大会に向けて、例年より充実した演奏をしていけるんじゃないかと、とても楽しみです。

公開録音を行いました


公開録音1

まだ途上とはいえ、これまでの自分たちにとってできる最上の演奏ができたと思っています。Bach の魅力が少しでも伝わるよう、このイベントに向けてご尽力していただいた中村先生、本当にありがとうございました。これからも次の演奏会に向けて、少しでもこの曲を磨き上げていけるよう、頑張っていこうと思っています。
公開録音2
打ち上げの様子。いつも通り盛り上がりました。

中村先生の魅力

明日はVoxMEAにとって久しぶりの公開録音を行います。
といってもお客さんはひょっとしたら一ケタかなという
予想もしていますが・・・お客さんの数には関係なく
普段と変わらずVoxMEAらしい歌を歌いたいと思います。
今回は中村先生の指揮によるBachでの公開練習・録音です。
最近ではどの合唱団でも練習日誌を公開されていますが、
VoxMEAでも数年前は練習内容を公開していました。
ただホームページで公開するより練習の内容を
団員に確実に伝えることを目的としてMLで展開することにしたため
ホームページには掲載しなくなりましたが、
中村先生の練習は、練習の内容が音楽的にも豊かであり
かつ楽曲分析に基づく正しい解釈とわかりやすい指導による
内容であるため、それを皆さんにお伝えできないのが
残念なぐらいではありますが・・・
手前味噌なコメントかもしれませんが、
中村先生は少なくとも県内では
抜群にドイツ語を上手く指導される技術をお持ちであるのと、
また楽曲を深く適切に分析し、かつそれを曲想に適切に反映し、
歌い手にわかりやすく説明されます。
また色々な音楽経験に基づく音楽性も大変豊かであります。
世間一般で言えば中村先生は若い世代に位置づけられますが、
その年齢でこれほどまでに指導できる指揮者も
全国でもあまりいないと思っている程です。
そういった意味ではVoxMEAにとっては
中村先生の出会いは本当に幸せだったと言えますし、
明日の公開練習・録音では時間の関係上、濃い練習をたっぷり
ご覧頂くことはできませんが、その内容の一部を垣間見ることが
できるのではないかと思っています。
年度末の忙しい時期かとは思いますが、このブログを見られて
興味を持ち、お時間のある方は是非明日足をお運びの上
率直な意見、感想を頂ければこの上ない幸いです。
団員一同お待ちしております。頑張ります!!

公開録音・アンコン・コンクール

VoxMEA の近況をまとめて書きます。

  • 公開録音に向けて
  • VoxMEAはただいま3/20の公開録音に向けて “Jesu, meine Freude of Motetten : BWV227” (イエス、我が喜び) の追い込み練習をしています。


    当日、指揮をされる中村先生もVoxMEAが公開録音で最高のパフォーマンスができるよう、2月からほとんど毎週のように指揮・ボイトレに来てくれています。

  • アンコン(アンサンブル・コンテスト)に向けて
  • 愛知県ヴォーカル・アンサンブル・コンテストが4/18にしらかわホールで行われます。
    今年も混声2団体がそれぞれの目標を持って最優秀を目指します。
    去年のアンコン結果&反省はこちら。
    時計の針を巻き戻してみると、去年は本当に『悔しいですっ!』の演奏でした。今年は去年の反省を活かした上で、より良い結果を残そうと頑張っています。
    そういえば、去年のアンコンで春日のコスプレをした人がVoxMEAにいるんですが、春日は今年も頑張っていますね。当人は今年もコスプレしてくれるんでしょうか。


    PRタイムで春日登場

  • コンクールに向けて
  • 委員会で自由曲が決まりました。
    三善晃作曲“五つの童画”より『砂時計』・『どんぐりのコマ』です。“五つの童画”からは『風見鳥』を2006年にコンクールで演奏し、中部大会で銀賞を受賞しています。そのときの演奏はコチラ。第3回演奏会でも歌っていて、それは過去の演奏にありますので、そちらをご参照ください。
    まとめて書いてみると色々ありますね。
    Bachはほぼ初めての取り組みで、アンコンは去年の雪辱、コンクールは4年前以上の演奏をと、いろんな観点で合唱を楽しんでいるのがVoxMEAの面白いところだと思っています。

    Jesu meine Freude

    11月の中学校招待演奏から来年(もしくは再来年)の演奏会に向けて
    「イエス、我が喜び」の練習を行っています。
    演奏会はかなり先なのですが、曲のせいもあるのでしょうか、
    毎回の練習は楽しくかつ緊張感があり音楽を積み重ねていると感じています。
    3月20日には港文化小劇場で「イエス、我が喜び」の全曲録音と
    それまでの練習と録音までを公開で行いたいと思います。
    演奏会がかなり先のため、公開しますが
    演奏そのものは色々と至らぬところも
    たくさんあるかもしれませんが、それも含めて
    今のVoxMEAの素の状態を見て、聴いて頂き、
    率直な感想を頂ければ、それはそれで
    今後のためになるかと思い公開で行うことを考えています。
    これまで2回の公開録音とは違い、今回は中村先生の
    指導によりますので、その指導を見て頂くのも
    大変興味深く、価値のあるものかもしれません。
    どうぞお時間があり、興味がある方はご来場下さいませ。
    僕たちはその公開録音に向けて一つの形にできるよう
    一生懸命練習をしていきたいと思います。
    (でもやっぱり時間もないのでなかなか大変です・・・)

    新香山中学校で招待演奏をしました

    VoxMEAの団員が先生をしている新香山中学校の文化祭にお呼ばれし、招待演奏という形で合唱の披露をさせてもらいました。
    ◇演奏曲目
    All Things Bright and Beautiful (John Rutter)
    Sing and rejoice (Knut Nystedt)
    いざ起て戦人よ (James McGranahan)
    ほたるこい (編曲:小倉 朗)
    赤とんぼ (編曲:篠原 真)
    乾杯 (編曲:信長 貴富)
    聞こえる (新実 徳英)

    091101_01
    中学校の音楽室で練習。発声のイロハが掲示されていたり、と
    新香山中ではなかなか合唱を深く取り組んでいる様子。
    しっかり読み入っている団員もいました。

    091101_02
    体育館での演奏の様子。リハーサルなので客席は空です。

    091101_06 091101_03
    絆・萌
    体育館二階からかかっていた、VoxMEAの団員が担任しているクラスの垂れ幕。
    小さかったり暗いんですが初音ミクです。しっかりとクラスを自分色に染め上げていますね。
    他のクラスも良い意味で中学生らしからぬ、レベルの高い垂れ幕ばかりでした。

    091101_04 091101_05
    昼食中。家庭科実習室でカレーをいただきました。
    本日がVoxMEA初演奏という新入団員が何人かいたんですが、場に溶け込んでいる面持ち。
    この日が合唱初演奏なのか、単に場馴れしているのか、もうちょっと話を聞けば良かったー。

    最後に指揮者の言っていたとおり、スケジュール的にだいぶキツキツで、選曲も中学生に聞かせる演奏としては、かなり攻めた方だと思いますが、楽しめて練習できて、演奏できました。
    生徒もきちんと聴いてくれたし。一昨年の共和中演奏でも感じましたが、最近の中学生はしっかりしてるな、と思いました。
    この日の演奏で、成果を掴めたことが次に繋がればと思います。
    次の演奏会で演奏する曲を今週から練習するんですが、VoxMEAで曲が決まるやいなや中村先生が自主トレを始めたようなので、初回の中村先生練習では絶対に期待を裏切らない演奏をしなければ…っ、と勝手に思っています。

    ジョイントコンサートの動画

    今年の6月28日に、ギターマンドリン合奏団”meets”さんとジョイントコンサートを行いました。
    これまでVoxMEAは、演奏会が終わったらそれでお終いでした。が、”meets”さんは違います。
    匠の手によって演奏会のCDが作られました。


    09ジョイントCD109ジョイントCD2
    関係者用の演奏会CDジャケット
    VoxMEAの演奏会CD(データCDに焼いただけ)との圧倒的な違い…!

    さらに最近になって、匠の手によって演奏会の動画がアップされました。
    “meets”単独演奏と、合同演奏については“meets”の視聴コーナーをご参照ください。
    VoxMEAの単独演奏ステージです。
    動画で出すのはVoxMEA史上初です。たぶん。
    『一番はじめは』

    『風』

    『私が歌う理由』

    『夢見たものは……』

    『卒業』

    『島へ』

    演奏会を一過性のイベントとして終わらせることなく、
    お互いの音楽を広く通じさせる試みとして活用させる”meets”さんの
    意気込みに多くのことを学ばされます。
    私たちも一回一回の演奏を糧として成長していかねばっ!

    練習後、新メンバー・中村先生とおでんを食べる

    現在、VoxMEAでは11月1日に控えた新香山中学校での招待演奏に向けた練習をしています。
    ジョイントコンサートやコンクールで自分たちの全力を尽くした後ですが、新しいメンバーが加わったこともあり、活気のある練習ができることは何よりです。


    091010練習風景
    女声合唱の練習風景。中学校の招待演奏なので、なじみのある曲を中心に練習しています。
    広いジャンルの曲をいっぺんに歌うので、曲ごとの気持ちの切り替えが結構大変。

    練習後、ボイトレに来ていただいた中村先生と晩ご飯を食べに。
    ダイニングバーでおでんを食べるという、おしゃれなお店でした。先日の披露宴2次会で中村先生からお誘いを受け、少人数でしっぽりとお話をするところ、ということでここにしたのですが、結局10名と結構な数が集まりました。

    091010練習後風景
    練習後の様子。新メンバーが3名も参加してくれたため、
    図らずも新人歓迎会っぽくなっています。

    宴もたけなわになった頃、中村先生(独身)から『重大なお知らせがあります』とのこと。
    勘違いしたメンバーは色めきたちましたが残念、そっちのお知らせではなく、中村先生が構想中の一大イベントに関するお知らせとお誘いでした。
    そのイベントにVoxMEAがどうやって関わるかは、まだこれからのことです。ただ、中村先生が持つ音楽をすることへの動機・価値観から、行き着いたイベントだなということはひしひしと伝わってきました。もちろん、お客さんや演奏者にとって非常に魅力的なものになることは間違いないと思います。
    普通の練習後の飲み会でしたが、中身はなかなかに充実していました。
    日々の練習で合唱を楽しむのはもちろんですが、こういう音楽を通じた新たな出会いがあったり、活動の新たな展開がみえたりすることでも“合唱やってて良かったなー”と感じるんだな、とあらためて思いました。

    091010練習後〆
    〆のおでんだし茶漬け。美味しかったです。

    結婚式で歌ってきました

    VoxMEAの代表が結婚したのでお祝いに歌ってきました。
    お相手もVoxMEAの団員で、VoxMEAを縁に知り合いめでたくゴールインしたわけなので、
    門出の宴を歌で彩ります。

    新婦入場
    “Ubi Caritas” (Maurice DuruflクJ羽、新婦入場で歌いました。
    普通は前で式場の人が歌うんですが、この場合は周りや後ろから団員が歌います。
    何も知らされていない参列者は驚きます。

    賛美歌
    もちろん賛美歌も歌います。

    新郎新婦退場
    新郎新婦退場で歌ったのは“The Lord Bless You and Keep You” (John Rutter)
    伴奏は昨年の演奏会でも弾いていただいた榊原先生です。

    披露宴
    披露宴では“Ave Verum Corpus” (Wolfgang Amadeus Mozart)
    “乾杯” (編曲:信長貴富)“赤とんぼ” (山田耕作)を歌いました。
    “赤とんぼ” はうちの指揮者の選曲なんですが、1曲だけ明らかに浮いてません?

    中村先生① 中村先生②
    2次会では榊原先生に続くスペシャルゲスト、中村先生
    “夢みたものは…” (木下牧子)を指揮していただきました。

    帰ったころにはヘトヘトで、でもとても充実した一日でした。
    友人の一生に一度の大切な日、わずか一部でも、こうして歌うことで
    素晴らしいものにできたことを嬉しく思っています。
    2人とも本当におめでとう&本当にお疲れ様でした。
    結婚式① 結婚式②