◆お知らせ


我々 混声合唱団VoxMEAは下記の通り団員募集中であり、その前段階としての「練習見学」もまず毎回の練習で可能であります。
あなたのご連絡を団員一同心よりお待ちしております。


◼️団員募集中
当団に興味を持たれた方は、 Mail to VoxMEAまで
yahoo , gmail , icloud 等、「携帯以外のアドレス」 からご連絡いただきたいです。
*携帯からですとスパムメールとしてはじかれてしまう可能性が高いためです。

練習予定は下記Googleカレンダーでご確認ください。
また、本サイト内 “VoxMEA” とは?もご覧ください。



アンコン2019/4/21 ユースで金賞! 一般は銀賞+審査員賞

文責:ひめ

こんにちは矢場公園、アートピア。
そして筆者的には初めまして、アンコン。

(やっぱり皆考えることは同じ??)

アンコンには、
一般部門(午前)に「Chor Benedict」、
ユース(午後)に「じせさっちょ」の2チームが出場。

我々じせさっちょは、午前中は中生涯学習センターにて最後の練習。
一般部門の演奏は見られませんでしたが、心の中でエールを送りました。

反省はありつつも、それぞれ良い演奏が出来たと思います。
響かないと聞いていたアートピアだけど、そんなことはなかった。

何人かは会場に残り、残りのユースの部の演奏を聴きました。
PRタイムでは、チームメンバーに『忖度』された現指揮者が一人で頑張ってくれました。
お疲れさまです。ありがとうございます。
でもいい加減「じせさっちょ」は覚えて欲しかった。

「じせさっちょ」は金賞を授賞。
「Chor Benedict」は銀賞と審査員賞(波多野先生)。

私としては正直、嬉しいと思いつつも、「えっ金賞なの?」という印象。
もちろん、良い演奏が出来た結果でしょう。評価されたのは大変光栄です。
でも、まずは「ここが上手くいかなかった。失敗した」よりも、「最高の演奏が出来た!」と言えることが大事なのではないでしょうか。
また、私自身の反省ですが、自分(たち)の実力がどこまでのものなのか、まだよく分かってないことにも未熟さを感じました。

コンクール経験の薄い私が生意気なことを書いてしまいましたが、今はとにかく、アンコンお疲れさまでした。
次は合唱祭ですね。
頑張りましょう。

2019/4/20

ある真夜中、シリウスは傾ききって夜空にはもういない。舞い散る桜に連れられてどこかに行ってしまったみたい。

ガード下の、魚粉ではなくゴマ油の匂いのするラーメン屋。今日は客の入りも多く、気張る大将の顔にも笑みがこぼれる。そのままバイクを走らせ見上げる、通りに面した3階。指揮者の背中。女性会館。またの名をイーブル名古屋。
ここで言うのもなんですが「室内」かなと思っていた自分が恥ずかしい。オレたちにはオレたちの歩調がある。堂々としてたらいいし、かつ、それで楽しいって言うんだったら言うことないじゃんって。

そして明日はアンコン。VoxMEAから2チーム参戦。
まずは一般部門に「Chor Benedict」

ユースには「じせさっちょ」
聴いてチーム名に納得。
今年はアートピアホール。響かないらしいけど、ハコは関係ないで!自分たちのアンサンブルをするだけ。何やってきたかちゃんと見せたれ。

さて全体連絡。
ダディ…、ほんとに今日でお別れなのかい?

ダディ…、ねえ、ウソだと言ってくれよ。

ダディ…、キミのこれからの人生にMEAが重荷なのかい?

ダディ…、そんなつもりじゃないんだ。

ダディ…、いつも(では決してなかったけど)僕の隣にいてくれたよね。

ダディ…、フォーエヴァー…!


こうして我々VoxMEAの夜は更けていくのでした。

(アンコン 4/14 チーム Chor Benedict)

この仲間と取り組みもジャストあと1週間。
こちらはチーム Chor Benedict。
本番の時間10:30に合わせて、朝練。



がんばったら報われるとあなた方が思えることそのものが、あなた方の努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。という今春の東京大学入学式の祝辞が頭をよぎる。そこまでの人間でいくか、もっと知って生きていくか。

2019.4.13

あ そう言えば新年度、指揮者が交代いたしました。前々指揮者が新指揮者です。
(懐かしフォトアルバム)
5年前。前々指揮者から前指揮者に替わった時のものです。
いやあ紆余曲折がない なんてないですよね。各々、自身しか歩めない自分だけの人生で戦っている。話は戻して、
前指揮者から得たこと。新指揮者でできること。もちろんあって。より良い音楽を育んでいきたいということです。新年度新体制でしっかりと音楽をつくってまいりたいと思います。

いい音は鳴っているなと思います。ここからの1㎜の積み重ねが遠大な作業。歌詞の読み込みについては、団員全員で、宮澤賢治出典の国語の難題を解いている感じ。一人でも間違えたらダメよみたいな。タイミング、ダイナミクス、高さ、母音。

次のナンバーでは群衆の叫び。違う人間がユニゾンで声を放つことの、そのパワーと言ったら。耳を傾けさせる整然とした叫びを。我々に自由を。自由に歌えることを と。

2019.3.30

選抜甲子園、プロ野球開幕、歓送迎会、出会いの季節。桜に春の雨しとしと。「平成最後の」も最終盤。超個人的ですが筆者もその妻も他団にも半ば身を投じ、合唱をもっともっと知ろうとしている中で、我々VoxMEAのアンサンブル。
「一音一音、黄金色に」という指揮者補佐係の鼓舞が飛ぶ。

前衛的な選曲でどんどんどんどん新しい難曲をリリースしていく合唱団とは違う歩みがここにはある。正しいとか優劣とかではなく。曲を磨いていく練習。

積み重ねなくパッと第一声で楽譜をソルミゼーション的に歌えていないと何も言えないか、というとそうでは決してなく、競う場ではまず同じ土俵に乗ること。これが第一条件。

先天的に歌えないなら、決してそれを負けとするのではなく、じゃあ努力で愚直にやってやろうと、実際にちゃんとしたところまで到達しているか。
かかった時間は問われないと思う。

2019/3/23

歌うことが祈りだとすれば、どれだけどれだけ祈っても歌っても届かない。
届く届かない関係なく、歌い続けること。積み重ねることで届くと信じている祈りの群衆。我々VoxMEA。
きれいなところはきれいに。ぶつかるところはぶつかる。意識して。ぶつかりを創造。命の輝き。あとは、
信長貴富「ほほえみ」
A. Bruckner「Locus iste」
を歌いました。

(アンコン練 Chor Benedict 3/17)

VoxMEAのヴォイストレーナー三輪陽子先生によるチームヴォイトレ。

誕生日おめでとーということで、メンバー中 当日1名+近い2名を

ケーキでお祝い。

本番は4/21(日)。出演順は、ぬぬわんとトップバッター、って。10:35です。

奇特な方 笑 、聴きに来てください。まっさらなマウンドにしっかりサウンドを残してきたいと思います。

2019/3/16

「姿勢真っ直ぐに立ってみぃ」
と言はれるも自分的には胸を張ってるだけだったようで、パイプ椅子の背もたれで意識できる腰の丸みを感じながら姿勢を直していく。プラス顔晴るで何とかなりそうです。
足を前後にしたり、上体がつんのめったりしていましたが、解消の方向です。

ただララララ ララララ歌っていては壁にぶつかると思ったんでしょう。
二語三語四語とある語頭を植え付ける。プラス、ベースのサウンドを感じながら歌うことが出来た練習であったと思います。
おーい!課題曲集届いたぞー。休憩挟んで、
「tea for two」jazzy感をセンスよく、ガンバってる感レスで。「ぜんぶ」でおしまい。また来週。

2019/3/9

早生まれの長男が東日本大震災と同い年でそれがきっかけであぁ何年だな何年だなと思う筆者ですが、こういう場で、失礼のないようにとネットで例文を参考にしたりして追悼文を載せる程度のことならしない方がいいと考えています。在宅被災者や除染ゴミ放置の問題もニュース番組の取材で目にし知ったかになっているだけかなと考えます。
金曜日深夜未明に名古屋震度3レベルの地震がありましたが、次の瞬間、次の瞬間って言っている間にも大地震は起きるものだと思います。
風化、という言葉の使い方にも慎重になりますが現に、私事わたくしごとですが自分の周りに風化していない実例もあります。
うまくまとまりませんが、「災後」に際しての認識や思いだけは持っていこうと思います。

最近走っている人が多いなと思っていたらどっこい、その前の日の3/10(日)名古屋ではマラソンが行われます。
毎日新聞3/8夕刊にて松尾貴史が「長距離・長時間走るのはヒトぐらいだ」とコラムで論じていました。
生き物が逃げたり獲物を捕まえたり「生きる」ために走らざるを得ないのに対して、自分が「より良く生きる」ために走り、またその走りから勇気をもらいより良く生きる人がいる。ということです。
生きることには不安のない人がより良く生きるべく自己の発露の手段としてマラソンを選んだ。
そして我々は合唱を選んだ。
鼻炎が止まらない。軟口蓋辺りで何らかアレルギーと戦い、鼻から滴り落ちてくるその残滓をかみ続ける。ある春。女性会館。

・GRITTON「Tea for Two」
・Z.Randall Stroope「The Conversion of Saul」
・信長貴富「ほほえみ」

女声男声に分かれて音の見直しをしてから
アンサンブルへ。筆者は上述の長男関連で早退するまでやった
「The Conversion of Saul」

おもしろいです。前半のない混ぜの動から静へ。ワクワクを楽しんだ後に自己浄化へ。だからこそのぶつかりがヒーリングー。魅せ方に尽きます。

2019/3/2

世界人口75億個分の憂鬱。その間げきを突いて女性会館。
冒頭男子。

声の方向性を揃えた時の、声に個性があるからこその感動。

テノールで歌っていた山本がベースを叱咤叱咤する。

[e]母音をAsia圏から飛び出して往け。と指揮者。
4分33秒。調べれば出てくる、John Milton Cage Jr.の曲です。アクセスする側も発信していかなければならない。と指揮者。指揮者と僕。僕と指揮者。指揮者と団。団と団員。自分が駆け出して風を起こそう。特に自分にこだわりがなく声出していて楽しい。ぐらいなら、こちらからアクセスして情報を取りに行って役立つものにしていきたいです。

た待望の新入団。女声1名。春間近が一番春のような気がします。我々混声合唱団VoxMEAはあなたのアクセスをお待ちしております。