2018.7.14

鼻を高くしたら少しでも言語感が出るのかなとピクピクさせていたら、鼻の穴を拡げると口角の上部辺りが多少 上に引っ張られるのでこれでいってみようと決めて臨んだ女性会館。

子連れ団員は交代託児のMEAkids

かわいい3きょうだいね。

みずぼうそうの子を抱えた筆者はMEAkidsにも入れず子供運用してて遅刻で大研修室入ったら、ほんと人が人を呼ぶというか、ものすっごいたくさん人がいたYeah.

見学者が見学者を呼ぶ状況。
新入団は女声1名,男声1名。
というところからも必要な「勢量」は揃ったと捉えてよくて、あとはアンサンブルの仕方と暗譜だと思います。自分が必死に声を出さなきゃ、と思わさないこと。
(練習曲)
Franz Schubert「Chor der Engel」
David Wikander「Förvårskväll」
週イチの時間はあっちゅう間で、問題に気付き 修正するまでのプロセスを1回の練習で踏むことは非常に困難です。
多い課題を絞って大きくして…って昔「コンパクト,インパクト,コンスタント」って述べたことがあります。インパクトか‥、大事だけど3原則より下位になります。言うなら今は「コンパクト,コンタクト,コンスタント」です。
コンタクト>インパクトは成長の証でしょう。
韻は踏み続けたいです。

2018/7/7 北から北へと

本日午後は北生涯学習センターにて、合唱団のヴォイストレーナー三輪陽子先生によるチームヴォイトレ。
団員それぞれ、発音,流れ,決めたい音,跳躍等の課題を抱えつつ、
Franz Schubert「Chor der Engel」

母音が明るく光る通り道は一本しかない。
と思います。自分にしか分からない道。
でも入れば、自分が歌って輝ける道。

北上して本練は、
北文化小劇場にて、小見山先生ピアノ合わせ。

木下牧子「ティオの夜の旅」



この組曲、見学に行くか、10/6の演奏会に来るかしかありませんが、
難しいわ世界観はかけ離れてるわ っていう感じなのですが、小見山先生のピアノと、この組曲の持ちうる未曾有の力なのでしょうか、自分がその世界に飛び込んで、そこで未知なる力を出して暴れ回っちゃう感じがしました。
見学者もすこぶる多く、本日に至っては6名。
最近は復団者も多く、素晴らしい活気。
いろいろな要素だと思いますが、団が新しい活力を得ている感じがしました。
MEAが思うMEAたるべき ではなく、みんなが思うVoxMEA。
今がそうなのか、これからがそうなのか、分かりません。
でも新しい力を加えつつ、時流にも乗り、とても楽しい練習となりました。
でもそれは、VoxMEAだけで起こっていることでは決してないのでしょう。

2018/6/30

瑞穂生涯学習センター。
子持ちの筆者は遅れて到着。扉を開けたら
Franz Schubert「Chor der Engel」

fとpしかないダイナミクス。これに関しては、言葉と概念を身にまとい、前を向いてアンサンブルでその都度産み出していくべきでしょう。
おっとここで、2チームに分かれて小アンサンブルの見せ合いっこ。

歌い(聞いて)、聞いて(歌い)、パートミーティング、聞いて(歌い)、歌い(聞いて)、パートミーティング、全員。会心のアンサンブルができたと思います。

規律。サッカーを観ていると出てくる言葉ですが、合唱ではどうですか。規律の中の自由か。規律か自由か。自由の中の規律か。
「聴く」と「聴き合う」。動詞と複合動詞。
今日のアンサンブルを聴いていて、スキルある者が規律に注力している姿に、僕は胸を打たれる人間なんだと思いました。

2018/6/23

WelcomeWelcome。演奏会来てねん。
また託児行います。

さあ、拡散の彼方へ。

入梅も午後は、瑞穂生涯学習センターで男声練習。

David Wikander「Förvårskväll」
奥が深いどころか、フェスで何歌っていたんだろうという筆者の出来(^_^;)
自分の歌唱の力に対する自意識過剰。
に対する合唱団の優しさが身に染みた、
女性会館への移動。名城線右回り。

WEBビラにある通り、次回演奏会の中でラスト4ステ 木下牧子「ティオの夜の旅」
現時点ではとてもじゃないけど伴奏では決してない、ぐらい合唱団側が歌えていないの意、
ピアノ:小見山純一先生との合わせ初回。

筆者的には、5番の第一音を聞いたときの感覚。音楽だなと思いました。
団員それぞれが思うしかるべき音が、しかるべく鳴った現場。小見山先生が有していた音と合唱団が待ち望んでいた音が出合った、その深い衝動が大研修室には満ちていました。
さして歌えていないのに天上までお連れていただいたピアノ練習。一方で露になった、切迫している合唱団のアラ。両方がない交ぜになった思い。

しっかりと、ステージという形にしなければなりません。

2018/6/16(6/17も)

【2018/6/16】
空の青色がどんどん濃くなる。空 本来の濃さはどっちなんだろう。地面すれすれまで宇宙空間とするなら濃い方か。フェス効果がまだまだ続いており、男性1名の新入団があった6/16 瑞穂生涯学習センター。

世界中の、また歴史上の音楽が瞬時に手に入ってしまう現世。市井の合唱団もその恩恵を授かって進んでいます。
クラシックがポップスであった時代。ライヴしかないからライヴという言葉がなかった時代。コンサートを聴けた人だけが遭遇し得た、音楽に出会えた感動。
クラシックが初めからクラシックとカテゴライズされてしまう時代。だから何が言いたいんだという話ですが、委嘱初演を除き、基本、カバーしか行わない我々合唱団はもっともっとナーバスにならなければなりません。スキルでは決してなく。アンサンブルに居合わせて曲に触れたすべての人に対してのことです。

木下牧子「ティオの夜の旅」に取り組みました。

日にちが空いてしまったから、は言い訳ですが、雑になってしまいました。歌える人は歌える人の、また、歌えない人は歌えない人の使命感が足りません。

他、
⚪Franz Schubert「Chor der Engel」
⚪David Wikander「Kung Liljekonvalje」
⚪David Wikander「Förvårskväll」
を取り上げました。

ところでクイズ番組で知ったのですが、グリーンカードと調べると、外国人の永住に関するものの他に、サッカーの審判にも用いられるようで、フェアプレーやマナーを讃えるために選手に提示するカードだそうです。
減点主義の世相においてこそ、加点に目を向け、伸ばし合う意識・芽を摘まない姿勢でなければならないと意を新たにしました。

本日アンサンブルを担当した指揮者補佐
「ある程度 形になった後に曲をレベルアップさせていくためには『発声』でしょう」

【2018/6/17】
筆者は三輪陽子先生によるヴォイストレーニング。
写真は筆者の次の受講団員。きっかけをもらったようですな。

その後、北生涯学習センターでの自主練習に参加してきました。

愛知県合唱祭 2018/6/10

薄暗く今にも雨がパラつきそうな合唱祭出番の6/10(日)。
一宮スポーツ文化センターで午前ほんの少々直前練習してからの、

愛知県合唱界の殿堂?名古屋文理大学文化フォーラムにて、
⚪David Wikander「Kung Liljekonvalje」
⚪Valts Pūce「Augu Nakti」
の演奏を終え、

全体写真を撮りました。

我々、混声合唱団VoxMEAは、10/6(土) 豊田市コンサートホールにて行う、
第9回演奏会への歩みを進めます。
(プログラム広告用なので白黒ですが)

合唱団で始めたTwitterを流し読みしたり、5月末の合唱フェスに参加して、ひとつところには留まらない人材の流動性を強く感じます。
自分のスキル向上や発露に最適な場所を探し求めて、どこへでも飛び込んでいくという。
あの団のあの人は常にあの立ち位置で頭を張ってカンカンゴリゴリ鳴らしている、、とかもう一昔前の話ですかね。
自分を強く持たなければならない一方で、周り頼みや周りを活かす姿勢が、自分が生きていくためにも必要なのだなと感じました。

「他力本願」
打ち上げの際に出た言葉です。
本来、阿弥陀仏の本願によって救済される意であり、人任せ、は誤用が定着したものとされています。

自分がしなやかに健康的に生きていくためにも、過信をせずに合唱に取り組んでいきたいと思います。

2018/6/9

合唱祭前日。女性会館。

スズラン王

スズラン王

スズラン王

スズラン王。
歌詞を覚えてくることだけに今週躍起になっていた合唱団に対して、歌詞を覚えてきた前提で母音唱。これがまた超絶悶絶。まずその歌唱あってのなのだという指揮者の叱咤に応えたいと、各団員がこの1週間の努力をセルフ披露し、確認。OK。思わず拳を握りしめ、小さくガッツポーズ。
ソフトバンク打線を手玉に取った松坂や強豪国イタリアを破ったラグビー日本代表に負けないガッツポーズ。声には出さない雌叫び雄叫び。1週間が報われた瞬間。呪詛のように歌詞を唱えてきた自分が面目躍如する瞬間。やっと前方を見据えて歌う権利を獲得した瞬間。

ここでティオを通しできないことの確認を挟んどいての、アウグナクティ。

そんで合唱祭。

2018.6.2

フェス明け中1週で来週はもう合唱祭。
団員も、これを見ていらっしゃる方もMEAに乗り遅れるな!

女性会館の練習ではフェス効果もあり、見学者4名。分母の割合からみれば健闘していると思います。
うち、女声1名の入団がありました。

本日はスウェーデン曲1曲。
David Wikander「Kung Liljekonvalje」

合唱団が、とにかくこの曲をやらなければならないという一心でした。

年令や団歴の若い団員の、真っ直ぐな伸びのある気持ちと声が、素晴らしく合唱団を引っ張っています。
団内最高齢層の筆者も、潔くケレン味なく歌を歌っていきたいと思います。

来週日曜日6/10、予想演奏時刻12:40に 名古屋文理大学文化フォーラム 大ホールで演奏します。
また会えますね。

合唱フェスin愛知 ~地産地唱~ 2018/5/27

5/27、合唱フェスin愛知 ~地産地唱~ 愛知の合唱見本市!?
に出演出展してきました。

ブースでお待ち構え。

VoxMEAなんぞいかがでしょうか。

直前リハ

写真はないが本番。
《演奏曲》
⚪木下牧子「祝福」
⚪柴田南雄「早春」
⚪Franz Schubert「Chor der Engel」
⚪Anton Bruckner「Os justi」
⚪Valts Pūce「Augu Nakti」
⚪David Wikander「Förvårskväll」

合同演奏「夢みたものは」

ここで、2年半前のブログ、
前々回「第7回演奏会前日 2015.9.19」から。

『この世に数多ある合唱団。よい演奏をしたい!という目的はきっといっしょのはずなのにたくさん団が存在している理由、、それは「出会い」と「手段」だと思っています。
人生は選択の合成ですが、僕自身もひとつでも違う選択をしていたらMEAにはいないと思いますし、合唱ってほんと、曲の頂(いただき)に到達するのに様々なメソッドがあるんだなと思います。
混声合唱団VoxMEAが、どんな出会いをしてきて、どんなあり方で曲を歌うか、どんな声で歌うかのご確認を願います。』

ラシイこと書いていますね。
しかし、この論旨に変わりはありません。

また、筆者は大学合唱団に所属していましたが当時は、これ以上の人生の出会いの場など ない と今思えば盲信していました。
ところが、自分の変化とも相まって、

今が最高だと思う瞬間は、
決して「今」限りではない

ことを知ります。
当団内でも各団員がめいめいの出会いをしています。その結実がある以上は、合唱団が新たな 出会う場 を引き継ぎ続ける宿命があると考えます。

団の全体写真は撮れませんでしたが、
このブースは、通常練習やステージへと形を戻し、毎週、歌が上手くなるための時間と新たな出会いの場を、自分たちだけのためではなく、新たな仲間、そう、あなたに提供し続けます。

2018/5/26

明日の地産地唱のことtweetしたら、いいねハートやRTのシャワー。

合唱界においてもSNSの破壊力は絶大。そんな世界で僕たちは生きているんだと実感させられながら本日のブログ。本日は女性会館での練習。

David Wikander「Förvårskväll」

この曲はもっと上手く歌わないかん。

Valts Pūce「Augu Nakti」

よくここまでのしあがってきた。明日は楽しんで歌いたい。
Anton Bruckner「Os justi」挟んで、

Franz Schubert「Chor der Engel」

フレーズ終わりで音を鳴らせているかの確認作業をリズムの中で行い、次へ進んでいく。それにやっと乗れた。

日本語2曲。木下牧子「祝福」、柴田南雄「早春」

明朝のフェス当日直前練習2時間で巻き返す。一言。

さて練習終わりには、転勤のため遠距離団員を余儀なくされるMEAのキャプテンへ歌のはなむけ。

本人交えた有志で歌った曲
⚪G. Palestrina「Super flumina Babylonis」
⚪多田武彦「雨」

最後は、信長貴富「リフレイン」

影となりひなたとなり合唱団を支え引っ張ってきたキャプテンの不在はあまりにも痛い。痛いので、これを読んでいるあなた、ぜひこの合唱団で歌いましょう。