“VoxMEA”とは?

“vox mea” (ヴォークス・メーア) とはラテン語で、「私の声」という意味です。
ある人のうたう「声」は、その人にしか出せない「声」であり、そのひとりひとりのうた声が響き合って、VoxMEA の「うた」になっていく。また、ひとりひとりが自発的に音楽に取り組むことによって生きた「うた」がうまれる。

VoxMEA という名前は、この合唱団の活動の原点を表しています。

〈団の構成〉
団員は社会人を中心におよそ30名強。
平均年齢は30歳前後。

指揮者:藤森 徹 (団員より選出)
ヴォイストレーナー:三輪陽子先生

〈練習〉
練習日時は基本的に毎週土曜日、17時半~20時半。名古屋市内で行っています。
アンサンブル練習が主ですが、曲の取りかかりや、ステージ前の演奏の仕上げなどを目的として、合宿や集中練習を行っています。
さらに、ひとりひとりの技術の向上や演奏の充実を目指して、個人・全体でのヴォイストレーニングを実施しています。

〈年間の活動〉
VoxMEAはよりよい演奏を目指すため、また多くの方に団を知っていただくために合唱祭、コンクールなどのイベントに参加しています。
そして、私たちの音楽を表現する場としての演奏会(不定期)や技術向上を目指して声楽発表会を自主的に企画し、大きな目標として活動しています。

〈団概要〉
正式名称:混声合唱団VoxMEA
設 立 :2000年3月4日
代 表 :伊藤 琢磨
練習日時:毎週土曜日 17時半~20時半
団 費 :月2,000円(学生1,000円、遠距離500円)