◆お知らせ


【今年の行事】
まずは過去実績
6/11(日)愛知県合唱祭@名古屋文理大学文化フォーラム
◇Marek Raczyński
「Dominus illuminatio mea」
◇詞:立原道造
三宅悠太「子守唄 -立原道造の詩による小さなレクイエム-」


次は、コンクール前に
◆7/15(土)合同試演会
@名古屋文理大学文化フォーラム

◆8/6(日)コンクール県大会
@名古屋文理大学文化フォーラム

◆12/23(土)VoxMEA音楽祭2017
@名古屋市中川文化小劇場


◆団員募集中
興味を持たれた方は Mail to VoxMEA (代表:伊藤) まで
yahoo , gmail , icloud 等、「携帯以外のアドレス」 からご連絡いただきたいです。
*携帯からですとスパムメールとしてはじかれてしまう可能性が高いためです。

サイト内「活動計画カレンダー」にて練習予定を掲載しております。
詳しくは本サイト内 “VoxMEA” とは?をご覧ください。



第4回演奏会

混声合唱団VoxMEA第4回演奏会
2008年12月28日(日)13:30開場14:00開演
熱田文化小劇場


演奏会ビラスモール



指揮:中村貴志・田中大樹
ピアノ:榊原理恵, 打楽器:近藤幹夫・高田富久子

Ave Maria 作品集
J. Des Prez / T. L. Victoria / A. Bruckner / S. V. Rachmaninov / J. Busto
□ “Three Motets” より (P. Villette)
O Quam Amabilis Es / Panis Angelicus
□ 混声合唱のための唱歌メドレー
“ふるさとの四季” (源田 俊一郎)
□ 混声合唱のための
“ラプソディー・イン・チカマツ” (千原 英喜)

ジョイントコンサート仮ビラできました。

来年の6月28日に行われる、ギターマンドリン合奏団”meets”と
VoxMEAのジョイントコンサートの仮ビラが完成しました。
合同演奏会仮ビラ委嘱をお願いしている渡邉先生の曲も部分的に出来上がっており
とても魅力的な曲に仕上がっています。
印刷所の発送待ちですが、問題が無ければ来週の演奏会パンフに
挟まれる予定です。VoxMEA演奏会に次回演奏会のパンフが挟まれる
のは至上初! 今度の演奏会もまだ終わっていませんが、とても
楽しみなジョイントコンサートです。

第4回演奏会直前合宿

アイプラザ津島にて合宿をしました。
12/28に控えた演奏会に向けた、最後の追い込みです。
今回が演奏を細かくチェックする最後の機会とあって
団員個人の士気が高く、集中して練習に取り組んでました。
以下、合宿のメニュー
————————–
13日(土)
13:30-14:00 発声
14:00-17:00 練習:ヴィレット
17:00-18:00 夕食
18:00-21:00 練習:チカマツ
21:00- 入浴・就寝
14日(日)
08:00-09:00 朝食
09:00-09:30 体操・発声,
09:30-12:00 練習:Ave Maria
12:00-13:00 昼食
13:00-16:00 練習:(Ave Maria)・ふるさとの四季・アンコール
————————–
…思い返してみると凄まじいです。12時間歌ってたんですね。
合唱漬けの2日間でした。
しかも中村先生から飲酒禁止令が出たため、VoxMEA 合宿で定番な
夜の宴会は禁止(酷い)。どんだけストイックなのかと反抗し、
独り寂しく飲んでました(もっと酷い)。
2日間に渡って、凄く良い響きのホールで歌い、演奏の質を
非常に高めることができました。この時期に、こんなに
良い練習場所を確保できた幹事さん、流石です。
本当に皆さんお疲れ様でした。演奏会前合宿

結婚式で歌ってきました。

VoxMEAに所属する、アルトとベースの方が結婚されるということで、
お祝いに歌いに行ってきました。
歌ったのは『春に』(木下牧子)、『Ave Maria』(Rachmaninov)、『ふる
さとの四季』(源田 俊一郎)より抜粋、『夢みたものは』(木下牧子)。
今月の28日に行われる演奏会に向けたPRと、皆への負担が少しでも
減るような選曲をしてくれた新郎・新婦の人柄が現れてます。
これまで何度かVoxMEAは結婚式で歌う機会があり、そのたびに
いつも思うのですが、こういうときのVoxMEAは『幸せになって
もらおう』って、歌い手の心が一つにまとまって、いつもより
良い演奏ができると思うのは僕だけでしょうか?
2人の一生に一度の思い出に残る、良い演奏が出来たと思っています。
本当におめでとうございます!
集合写真①集合写真②

2009年度コンクール課題曲発表(利根川)

2009年度のコンクール課題曲が発表になりました。
G1 Dolcissima mia vita(Carlo Gesualdo 曲)
G2 Rukous(Eino Leino 詩/Toivo Kuula 曲)
G3 風(「白秋による三つの楽想」から(北原白秋 詩/萩原英彦 曲)
G4 歩く(「百歳になって」から)(谷川俊太郎 詩/広瀬正憲 曲)
  (平成20年度合唱組曲作品公募入選作品《第19回朝日作曲賞》)
全日本合唱コンクールはVoxMEAにとってとても大切な活動の柱なので、これから来年のジョイントコンサート単独ステージの選曲も含め、じっくり話し合って行きましょう。
でもまずは今月28日の第4回演奏会ですね。あと1ヶ月きりました。思い残すことのないよう、精一杯頑張りましょう。

練習雑感(11/15)

いよいよ次回は中村先生の練習。
「AveMaria」、「ふるさとの四季」ともに
下振りという形で練習をしましたが、
随所に惚れ惚れするような響きも出てきました。
まったく個人的な感想ですが、「ふるさとの四季」は
特に創団当時から取り上げてみたい曲であったため、
歌うことができるのを大変楽しみにしています。
そしてVoxMEAが成長しているかどうかを
ストレートに評価される曲でもあると思っています。
そのような点からも比較的容易な曲ではあっても
決してあなどることのできない重要なステージだと思っています。
現段階でどれぐらいのお客様が来てくれるか分かりませんが、
年末の忙しい中、聴きに来てくれるお客様に
少しでも明日へのエネルギーや元気を与えられるような
演奏をできるよう、残り1ヶ月ちょっと頑張って練習したいものです。

練習雑感

上柳田君が大幅にリニューアルしてくれたので
BBSでなくトップページにこれから練習雑感を記入できます。
ありがとう!ひでくん!!
前回の練習は午前中に第九の本番を終えてから
15時から20時までの練習でした。(皆さん本当にお疲れ様でした)
本番後の声の疲労などを心配しましたが
逆に第九を歌ったせいか、高音の伸びがとてもよく
長い時間の練習にもかかわらず集中力を切らすことなく
みっちりとチカマツを練習できました。
細かいニュアンスや音程の修正などありますが
あとは12月の合宿から深く音楽を創りこんでいけそうで
とても楽しみになってきました。
明日からはAveMariaとふるさとの四季の練習です。
中村先生からいろいろな音楽を引き出してもらえるよう
きっちり仕上げていきましょう!!

第九演奏

第八高等学校創立百年記念祭の出し物として
中村先生指揮の第九に参加しました。
少ない練習時間でしたが、なんとか満足の演奏ができました。
様子は中日新聞の記事になりました。記事
その後は通常練習→打ち上げで非常に疲れた一日でした…。
中村先生・皆さんお疲れ様でした。
両指揮者 第九打ち上げ1 第九打ち上げ2

第九練習

今日はソリストの方も交えて,第九と「乾杯の歌」の練習をしました.
オケ付きの曲は普通の合唱曲とはまたひとつ違ったワクワク感があります.ましてやプロのソリストが加わるとなおさらです.どちらの曲も私の大好きな曲ですが,歌う機会はそうはありません.
第九ももちろんですが,なかなか近寄り難い憧れのオペラに(歌う時間は短いけど)触れることができてとても興奮しました.
18日の本番が楽しみです.

映画撮影

映画ビラ名古屋学芸大学・名古屋芸術大学の卒業制作『ソラは3番目の青』という映画に賛助出演しました。
合唱をテーマにした45分くらいの青春物らしいのですが、主人公が合唱にめぐりあうきっかけのシーン(たまたま通りがかった合唱コンクール本番)とのことで、コンクール本番さながらに衣装を着てヴィレットのモテットを演奏しました。
普段映画は観るだけで出た経験がある人というのは少ないかと思いますが、作り手が大学生ながら、専門に学んでいるプロの卵の集まりということで若々しい刺激を受けました。
撮影が終わった後は港文化小劇場のホールを使って「ラプソディー・イン・チカマツ」の練習をしました。「弐の段」は去年のコンクール自由曲ですが…、すっかり忘れていますね(汗)。コンクール向けの短縮バージョンからフルバージョンに変わったこともあり、これからしっかり取り戻していってコンクール以上の演奏をしたいと思います。

続きを読む