◆お知らせ


来たるべき待望の春に向けて、我々 混声合唱団VoxMEAは下記の通り団員募集中であり、その前段階としての「練習見学」もまず毎回の練習で可能であります。
あなたのご連絡を団員一同心よりお待ちしております。


◼️団員募集中
当団に興味を持たれた方は、 Mail to VoxMEA (代表:伊藤)まで
yahoo , gmail , icloud 等、「携帯以外のアドレス」 からご連絡いただきたいです。
*携帯からですとスパムメールとしてはじかれてしまう可能性が高いためです。

練習予定は下記Googleカレンダーでご確認ください。
また、本サイト内 “VoxMEA” とは?もご覧ください。



2016.3.19(3.20アンコン練)

女性会館
DSC_1621
Kodaly
DSC_1623
「正しい発声は正しい母音から」
改めて言われてうれしかったです。
でも曲によって強くそう思うことがあれば、曲によっては「言葉」だったり「子音」だったりするのはなぜなんでしょうか。
おいおい考えるとして、このKodalyは旋律と母音の調和が見事というか、興味深さが底なしです。ひとつ何かを知るとパッと世界が開くというか。

鈴木憲夫
DSC_1624

今日は次年度スタッフが決まりました。
DSC_1626
団が一丸となるために、スタッフがまず核となっていけるよう努力してまいる所存です。

日曜日はアンコン練習。チーム譜和雷同。
untitled
やるべきことの基礎が固まってきたというか、「前回はできてたのに今回はできなくて、また最初からやり直し」というのがなくなってきました。

そして、
♪新入団、女声1名

(2016.3.13 アンコン練)

名古屋ウィメンズマラソンの余波がうすうす感じられる緑SGC。
チーム譜和雷同のアンコン練習。
DSC_1617

私たちの前に常に横たわり、等しく与えられるものがあることを感じています。
それは「時間」と、「音楽」です。
歌い手側の事情などさして無関係に、音楽は常に私たちの横にいてくれています。
だからなんやかんやと言い訳をこまねいて、歌えない理由を述べるべきではないのだなと痛感させられます。
自分のもっともよい状態で声を出せるように、音楽に真摯たれ、向き合うときは常にそうでないと時間がもったいなく、音楽に失礼である、と。
そういう高い意識を持って、合唱に向き合って生きたいと思います。

「高い」意識といえば、今回のアンコン練習では、「音を高いところに当てていかないと、音楽をまっとうできない」という気付き(であったり思い出しであったり)のあるものでした。ダイナミクスに勝手に左右されて怠りがちな、この音への高い意識を持つことで音が換わる瞬間がありました。
歌っているときは常にこうでなくっちゃ、なのですが、合唱ライフの中でこういう果実を得る体験はたいへん有意義なものです。
しらかわホールでしっかり譜和雷同の音を鳴らすために、極端に言えば、チームでのマスト事項でもあると思います。

ホールといえば、「ホールはともだち」とも言いますが、アンコン(4/17)でもコンクール(6/12)でも演奏会(12/25)でもそうなのですが、向かってく気持ちの初めの段階として、「ホールには魔物が棲んでいる」という前提意識が必要なのかもしれません。
そう思っといた上で、自分が立つ舞台の前方のホールという空間を埋めていく作業(空間芸術)の準備をすること、それが、魔物の棲家から一転、ホールを味方につけ、ともだちまでこぎつける一手であるのだと思います。

練習の翌日、メンバーからチームの「メーリングリスト」というものに練習日誌が展開されました。たいへんありがたいことでうれしかったです。
こんなことを言うのも筆者が大学合唱団でパーマネをしていたときはピッチやポケベルが出始めの頃で、大教室棟横にある公衆電話から自宅の固定電話に留守電確認をして、パートメンバーの出欠を確認していた、そういう時代がありました。20年前の話です。
ほんといまどき、モバイルツールというか、電脳化のめざましい発達を改めて感じました。
日が長くなっていくのも感じて、また次回

2016.3.12

気持ちよい青空、否応なく春!目前の女性会館。
Tormis
DSC_1611
「お腹」でスタッカートやアクセント、伸ばす音を表現したい
DSC_1612

Kodaly
DSC_1613
歌詞やテーマに基づいた音楽構成を表現することが求められます。

先週今週は、次年度の組織のことをただひたすらに取り組んでいました。
明日はアンコン練

(2016.3.6 アンコン練)

雨予報も明るい曇り空の日曜午後の緑SGC。
チーム譜和雷同のアンコン練習。
DSC_1595
2曲やるんですが、1曲目も最後まで行けてないのに残り30分を切るという。ほんとにアンコンのブラッシン
グは時間がかかりますな笑。

先日受賞した藤井賞の受賞理由の文章でとても印象に残っている言葉があります。それは、「合唱音楽の新しい地平を拓く」という一文です。ありがたいお言葉です。
基本、合唱がカバーであることからすると、毎週のMEAの合唱への取り組みだけでは決していただけなかったのだろうと。

誰かが切り開いた地平を僕たちは歩いている。
僕たちが開いた地平は誰かが続いて歩くのか。

今日のアンコン練習でやったことと言えば、合唱においては月並みなことばかりでしたが、歌えてないもんはしょうがない!笑
ボケーっとしてるとあと1ヶ月ぐらいなので、ほぼ毎週ある練習でぼってきます

2016.3.5

そう言われればの啓蟄、女性会館。
Hodie Chiristus Natus Est
ネウマ譜とNiels La Cour
DSC_1585

Sing Noel!
DSC_1586

Silent Night
DSC_1587

永久ニ
DSC_1593

藤井賞受賞を報告
IMG_9087

輪番託児MEAkids
DSC_1591
風船落とさないぞゲーム

2016.2.28 春合宿2日目

おはようございます。ここ岡崎は気持ちのよい朝。
朝食、大好きな納豆をおいし~く「いただきま~す」
DSC_1576

ピアノ生演奏によるラジオ体操第2
DSC_1580

午前中は鈴木憲夫の組曲
DSC_1582

ここで筆者は合宿早退し、合唱連盟の総会へ出席。
HP冒頭でお知らせしたように、藤井賞をいただきました。そのことで頭が一杯で、合宿の残りの行程のレポも頼み忘れる始末で。

新曲からおさらいまで、いろいろな曲に手をつけることのできた合宿でした。
はしょり過ぎですみません

2016.2.27 春合宿1日目

岡崎市美合の愛知県青年の家での春…と言うには寒過ぎる・冬過ぎるなかでの春合宿。

合唱団の合宿、それは寝食唱を共にすること。
子持ち団員は各々の関わり方。
合宿をしない時期もありましたが、ヤング団員の増加に伴い、合宿もスッと行える風土。

初日。
まずは施設の方からのお話。
DSC_1566
「100回やらされるより、自発的な1回に価値がある」
との発破。ほんとですね。

さてさて、今年 取り組んでいく曲たちとのファーストスクラム、大事。
DSC_1567
円になったりして
DSC_1568
研修室みたいなところで
DSC_1570

合宿ってやつは17時から夕食なんでい。
みんなで「いただきま~す♡」
DSC_1572
マイクパフォーマンスて笑

初日後半は選曲談義も交えて意見交換しつつ、
DSC_1574

ピアニストと組曲初合わせ
DSC_1573

練習終了後21時代のブログアップは気持ちよい。
本日ラスト写真は選曲の詰め。
DSC_1575
Xmasの演奏会も含めて、今年のVoxMEAの各種ステージにご期待ください。

また明日、おやすみなさい。
22時10分からお風呂です

2016.2.20

冷たい雨のなか女性会館。
先週に続きNorwayの新曲。
自分という楽器を長ーくする感じで。
冒頭の音の入りについていつも言われますが、自分のもっとも美しいブレスを心がけて。
DSC_1559
白夜とオーロラが同居するぐらいの神秘性を。
いっしょは無理でしょ、と団員からツッコミ。
心地よい音のぶつかり。あぁ、ヒーリング。

コンクール課題曲
DSC_1560
ビチーっと鳴らすためのストレートボイス。
ゴツゴツしたぶつかりを一音一音確認。

日本語組曲
DSC_1561
スケール感に圧倒されないように、言葉,世界観を自分が喋ってやりたい。

当週は新年度に向けて考えてました。

春、4月はみなさまにとってなにかありそうでしょうか。
なにか巻き起こせそうでしょうか。

次回は合宿です

2016.2.13

途中から雨の降り始めた女性会館。
新曲に取り組む。
DSC_1519
ソルミゼーションで歌ったり、団を2分割して歌い聴き合ったり、響きをまとめやすい母音で歌ったり、ハミングで歌ったり、マーチングして歌ったり。
どのメソッドが各団員にヒットやフィットしてもいいように手を替え品を替えていく指揮者

DSC_1520

壁にぶつかったり苦しかったり思い悩むときもあれば、吹っ切ることのできるときもありますが、もしいまなにかを吹っ切った場合、1段階前の吹っ切りよりもグレードアップしていると思います。同じことで悩みたくないから。改善が入ります、自分が自分に。
悩み→吹っ切る→また悩み→吹っ切る。その年輪というか、人生のミルフィーユの幾重にわたる積み重なり方がその人の深みを表しているのかもしれません。
後で紹介しますが、キックオフした2016アンコン。筆者は3年ぶりに参加しようかというところですが、よいきっかけになりそうです。

さて今日、何か団で作り上げたものがあったか。
その曲を歌っている自分が輝かなければ、曲も輝かない。新譜after新譜でたいへんで、、ねえ・・・は、歌い手側の言い分。
合唱団はリリースし続けなければならない。
曲のあり方,されるべき演奏をするための、ひとりひとりの熱量が少なすぎる。そう感じました。歌うのは自分だから。
自分という母体がしっかりしてないとアウトプットされるものも比例して小さいというか。

4/17(日)に行われる「愛知県ヴォーカル・アンサンブルコンテスト」
我が混声合唱団VoxMEAからは1チーム出場します。選曲は戦略、な・の・で秘密。
DSC_1482
曲が決まり、行けそうな手応えをつかんだ、チーム「譜和雷同」(読み:ふわらいどう)。
この場をお借りしてひとつだけ言わせてください。筆者発案のチーム名です。
話がそれましてすみません。由来はおいおい。

おまけMEAkids
DSC_1517
迷路作成がブーム?

2016.2.6

次回演奏会、決定いたしました。

今年12/25(日) 中川文化小劇場 です。

よい合唱をお届けするべく、それに向けても
女性会館
DSC_1480

ある団員の言葉で、いま自分のいる集団、それはコミュニティであれ、偶然居合わせた電車の中であれ、それを

「自分 対 周り」とみるか「自分も含めた集合体」とみるか

という示唆です。
この気の持ちようはたいへん大きく、とかく独りよがりになりがちなところを「自分も含めた集合体」ととらえることであらゆることの自分の見方を換えられることができます。
批判の前に自分も携わっているではないか、と。その前後に自分の行動言動でなにかできることはなかったか、と。
そういう立ち位置でいられて初めて、自分が誠にその集団をどうしたいと思っているかという段階に行くことができます。
使いやすい言葉で、物事の周囲をつかず離れずで凌いでいくことは簡単で、ともすれば多くのことに自分を費やしていることが見えてきます。
「合唱が好き」「VoxMEA(読み:ヴォークス・メーア)が好き」と言います。パッとそう言えることも大事ですが、もう少し濃度を増したいなと思います。まだまだ足りませんね。

♪新入団、女声1名