2017/4/15

桜の花の持ちが長い。女性会館。

深いluhルーで発声

Marek Raczyński「Dominus illuminatio mea」
を経て、4チームに分かれての
Pierre de La Rue「Laudate Dominum,Omnes gentes」

男女ペアに分かれての
Mendelssohn 「Richte mich, Gott」

指揮者が言うよいサウンドに加担したい(筆者所感)。
最後に駆け足で、
三宅悠太「子守唄 -立原道造の詩による小さなレクイエム-」
信長貴富「こころよ うたえ」をやりました。

…練習後、アンコンチームtuttiが明日の本番での演奏2曲お披露

チームとして起こしたことのない事故に遭遇。前日でよかったよかった。


練習後の全体連絡で、母音のグローバル化及び、その一方で、傍らの一輪の花を愛でよと語る代表(右)

最後に、交代で託児のMEAkids

既存メンバーのkidsが小学校高学年 ましてや中学生になって、親に付いてMEAに来るとは思えません。部屋は変わらねど、顔ぶれが入れ替わっていくことでその運用が続きます。

2017/4/8

桜満開の4月、の冷たい雨。女性会館。
肩甲骨を意識して動かしてやりながら、

指揮者がオモロー!というか、本日やった曲たち。
・Marek Raczyński「Dominus illuminatio mea」
・Pierre de La Rue「Laudate Dominum,Omnes gentes」
・三宅悠太「子守唄 -立原道造の詩による小さなレクイエム-」
・信長貴富「こころよ うたえ」

一陣の、というと風という感じがしますが、一陣の声というのもなかなか合唱団を言い得て妙なような気がします。
ホモフォニーだったりポリフォニーだったり、強い声・混ざる声を出し入れしながら、団が曲の見極めをし、よいという判断をしているように感じます。

歌手の森山直太朗が とある日の夕刊でこう語っていました。
「重要だと分かったのは「歌う」のではなく『歌い切る』ことなんだ、てこと。
『伝え切る』『届け切る』ことが、僕の創造の根源だと思い出したんだ。大げさかな。芸風って言おう」

歌う という行為の累積か累乗の行く末に、歌いきる があるのだとすれば、僕たちは人知れず威風堂々と練習をしていきたい。
ここVoxMEAで 歌いきれる確信を持っている仲間たちと。

※写真は輪番託児MEAkids

みんなー、早く来ておくれよー

2017/3/31,4/1

文責:いたた

ついに4月になりました。
3/31と4/1続けて合唱団 花集庵さんとともに合唱パートに出演する 4/2愛知県芸術劇場コンサートホールでの
『マスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会』の練習に取り組みました。

まず3/31は名古屋音楽大学にて初めてバンドとの合わせ練習を行いました。
楽器の迫力に圧倒されながらも、楽器との協調による音楽を作り上げることに取り組みました。
バンドとの旋律の受け渡しや、並走した音楽の流れを意識しました。

4/1はアートピアのスタジオで練習しました。
序盤はMEAの通常練習のように新曲
Pierre de la Rue: Laudate Dominum, omnes gentes
に取り組みました。
楽譜を広く見て、旋律の流れを意識しながら取り組みました。

中盤は合唱団 花集庵さんとともに前日の合わせにおける反省点を復習しました。
言葉の扱いや、入りのタイミングなどを確認しました。
子音のタイミングや、声色などは通常の合唱よりも厳密な集中が必要です。
楽器を演奏する際の注意点などの共有を目指しました。

終盤は愛知県芸術劇場のリハーサル室にて、吹奏楽と合わせて練習を行いました。
交響詩「時の逝く」作曲者の伊藤康英先生がいらっしゃり、曲への思いやそのメッセージについてご説明されました。
暗い出来事の中にも見いだされる、一片の光のような希望を持ちながら歌い上げたいを思います。

それでは、ついに本番
『マスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会』
よろしくお願いします!

2017/3/25 & アンコン練 チームtutti 2017/3/26

女性会館での練習。
まずは新曲 Marek Raczyński「Dominus illuminate mea」

なんというか、ド→ソの5度の切れ味が痛快。ズバッとタマンナイスね。

そして後半は1週間後に本番の迫ったマスターズ・ブラス・ナゴヤの曲です。

なんだかここへ来て、いやもちろん、前の週のマエストロ練を経て堂に入って(でもなんか合唱的には、胴に入る、って感じがする。ブレスというか、落ち着いて腹に据えて声を出す、というか)、長くなりましたが、堂に入ってきたような練習でした。新曲Raczynskiへの取り組みも含めて。

20時からは、次年度のスタッフ改選を行いました。
上は40何才から下は高校生まで、若い部類の団としては幅広い年齢層が集まっています。それが継続に向けての強みだと、立候補演説にて新スタッフから聞かれました。よい音楽に触れ続けていれば、どんなに白髪が増えようと頭がハゲようと、保って合唱を続けられると思います。
2017年度も、混声合唱団VoxMEAをごひいきに!
といったところで、日付も替わり、翌日日曜日は我が混声合唱団VoxMEAの誇るヴォイストレーナー・三輪陽子先生による、アンコンチーム「tutti」のチームヴォイトレでした。

もうなんというか、it’s「magic」

it’s「magic」Ⅱ

ゲレンデシーズンの終わりに、昭和SGCでボーゲン(のスタイルでお腹への意識を保つ練習)の特訓。
その、やることやっているところから出される声は統制がとれており、チームとしてはそのよりどころから絶対に手を離さないこと。
三輪先生におだてられる場面があると、お気を遣われているな、まだ自分は全然なんだなと思います。
でも、
刹那的というか一過性なものとせずに、先生には各団員が過程を見せていきたいと思います。それが団とヴォイストレーナーとのよい関係、ひいては団の発展、声のいい意味での統制につながっていくと自分なりに理解しておると同時に信じているからです。

2週間後に控えた、花集庵さんとともに合唱パートに出演する 4/2愛知県芸術劇場コンサートホールでの 『マスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会』のマエストロ練習 3/19@名東区役所講堂

表題の件、歌ってきました。
いつもより歌でよい反応ができて、よかったです。

「合唱団全員が草書でしたためた半紙を重ねてその筆跡がほとんどいっしょのような感じで」

というマエストロの一言で、今日 僕は生きていけます。


2017/3/18

女性会館での練習。
発声では、顔の前方、顔というか頭の中央、頭の後方、それぞれで声を出す感じ。うなじをが上に引っ張られる感じとか。graduallyに。

伊藤康英 交響詩《時の逝く》に続き、
三宅悠太「子守唄」。ソルミゼーションでは、自分で音符をスライドさせて歌います。
(僕個人的には1音、2音ぐらいで限界)
次に取り組んだ曲は団にとっての新譜、
信長貴富「こころよ うたえ」

初見をソルミゼーションで歌いきりました。
ひとり歌うこともできずに階名をふり続けながら、団の成長に目を細めていた僕をよそに。

明日は、2週間後に控えた、合唱団 花集庵さんとともに合唱パートに出演する 4/2愛知県芸術劇場コンサートホールでの
『マスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会』のマエストロ練習。IMG_20170129_085330
幸せな時間を送りたいと思います。

2017/3/11

女性会館での練習。5名の見学者があり、また、全体的になんというか、いい感じの練習でした。

伊藤康英 交響詩《時の逝く》

来週の指揮者練習へ向けて急ピッチで進める。先週の団内叱咤が効いたか、だいぶんよくなりました。

武満 徹「小さな空」
この曲、ことごとく円運動で歌う練習をしています。

その円に磨きがかかり、球体になりつつあります。

透明な球体の中で幼い頃の自分がぐるぐるぐるぐる回っています。個人的にはヴォカリーゼも周りを聴いてよくなってきました。

そして新曲、三宅悠太「子守唄」

立原道造の詞に、ケレン味のない、新しい 三宅悠太のサウンド。その相性がなんともこころにくい。

裏ではMEAkids。
子連れ団員が交代で託児しています。

きょうは ひつじさんの きりきりえを つくりました

2017/3/4

女性会館での練習。
発声時はうなじを意識。女声も男声も。
背中を意識できるし、頭部も意識できます。

そして、伊藤康英 交響詩《時の逝く》へ突入。

ベース、ガンバやで!

母音を揃える=まず口形を揃える、ということなんだと改めて思う練習でした。

この時代に生きるボク達にとって、幸せって何だろうと想いつつ、また、歌がうまくなりたいと思いながら、口形を揃える作業を続けました。
「はるべに」って春辺に、何度も何度も繰り返しながら。
近道って、一単語ごとに積み重ねていくことなのか、曲の構成や背景から俯瞰的に捉えることなのか、そもそも近道なんてないと知りながら。
客観的にどう見えるか、を突き詰めすぎると音楽的に表面的になってしまう気もします。そこは以前に触れた1.5人称を意識して。

出会いがあれば、別れもあります。そういった世の理を痛感しながら、転勤で名古屋を離れる友へ「サリマライズ」

歓送会、その名を「Zutto会」

またひとつ大きくなっていきたい。
4/2(日) 合唱団 花集庵さんとともに出演する、『マスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会』に向けて焦りつつ。

 

2017/2/25

女性会館での練習。
伊藤康英 交響詩《時の逝く》
エ母音のときは意地でもおでこを前にせり出します。
DSC_2736

あした の「あ」とか、頬 の「ほ」とか、「ひ」「か」「り」全部 輝かせるには とか、くれて の語頭ウ母音の距離とか、ゆうべ の語頭 Y の深さとか、都度いちいちチャレンジ。

Mendelssohn 「Richte mich, Gott」
団員への歌詞の読み聞かせ
DSC_2740

ウというかオというかの中間ぐらいの母音にrをつけてメロディーを歌唱。
(両頬に掌を押し当ててタテになる口形から出てくる声、実に感触がいい)
DSC_2739

母音の最大公約数を、(累積ならぬ)累乗していく尊い作業。全員がまとめる側にもまとめられる側にもなれるし、なり得ます。
要はライヴで現場で、意識を持てるかどうかですね。

武満 徹「小さな空」
DSC_2741

できない部分をなくしたいです。僕は中間部のヴォカリーゼ。円やバラバラに解き放たれてしまうと、途端にシュン(._.)と歌えなくなってしまいます。

最後の写真は、
DSC_2735

練習最後の全体連絡での僕の最後の一言を邪魔してくれるMEAkids

2017/2/18

訪れてしまったときよりも、訪れる前の気配 込みの方が、より強くその訪れを感じる、早春、女性会館。平日は寒く。

指揮者作の教本を元に座学でお勉強
DSC_2681
和声進行から作曲者の意図が読み取れます。

伊藤康英 交響詩《時の逝く》
DSC_2682

それを表現することが歌い手の使命とも言えます。
曲の背景に触れることで、音楽の楽しさ・素晴らしさが増します。

最後に少しだけ武満 徹「小さな空」
DSC_2683

そもそも「好き」というのは偶然知った情報の積み重ねにしか過ぎない という中で、
幸せだと感じた瞬間が、例えば今日、ありましたでしょうか。
気持ちというかを飼いならさずに、生きて、歌っていきたいと思います。

・・・練習後、次年度の展望、スタッフ会
DSC_2685
会計を済ますスタッフ陣