初心者歓迎?経験者歓迎?どちらもですね。

前回のブログで初心者歓迎みたいに書いていますが、
本音を言えば、やはり合唱経験者が来てくれることのほうが嬉しいし、
実力があればあるほど、合唱団にとってはすごく心強い。

でも、合唱団として合唱初心者を迎えられる自信もあるし、
VoxMEAにはその体性が整っているし、何よりもそういった雰囲気や精神がある。

しかし、ただ歓迎というわけでもないし、初心者が簡単に歌えるかと言えばそうではない。
歌も簡単ではないし、周りも結構歌える。だから、初心者の方には、大変だと思いますが、
みんなと同じような熱意を持って取り組めば、これまでの経験上、
全然問題なくやっていけるし、VoxMEAで合唱を始めて
2年も経てば、ちゃんとした?合唱人になっている。
他で歌っても恥ずかしくない歌を身につけられていると思う。
(本人はそう思っていない場合が多いですが(笑))

僕としては、VoxMEAが、合唱の初心者の人が合唱の楽しさを感じるとともに、
ただ楽しんでいるだけではなく、個々人の意識とレベルの高い音楽を学ぶことができ、
一方で、合唱経験者が自分の経験や技術を教え、伝える楽しさを感じることができる、
そんな関係を構築できる合唱団でありたいと思う。

人間的にも、技術的にも幅があればあるほど、まとめるのは容易ではないけれど、
結果的に創り出される音楽はゼッタイ豊かになれる。

普通に人としてコミュニケーションができれば、
あとはみんな音楽好きっていう共通項がある集団だし、
合唱団の目指す方向や意識をみんなで共有して、
きっと大きな、そして豊かな音楽ができると思う。
どこよりも表現に幅のある音楽をしたいと思う。

ただ、そのためにも、相反するようですが、音や響きはそろっていたほうがいいし、
そのために楽しんで技術を向上させて、積み上げているのです。
でもそれが楽しいんです。

前回に続いて理想論にはなりましたが、
きっと色々な素敵な仲間と一緒に実現できると思うし、
さらに、それを外に発信して、聴いてくださる方々と共有していきたいですね。

理想とする合唱団(長い文章です・・・)

僕が大好きで、今でも合唱団の理想としているのはWYC(world youth choir)。
僕が大学3年の時に来日して、100人の実力ある若者が
音楽をパフォーマンスする姿は言葉に出来ないほど魅了され、
とてもセンセーショナルだったのを強く覚えています。

その声は、若々しく、伸びがあり、明るさがあり、輝かしく、勢いがあって
音楽は躍動していて、楽しみに満ちていた。
個人の存在感も確かにあるのだが、合唱団として統一感もあった。

そんな合唱団を夢見ていたのだと、最近、自らの合唱団を振り返り、悩む中で再認識した。

そう、「若々しく、輝かしく、伸びのある声で、
みんなが音楽を楽しんでいて、でも、統一感があって、躍動感があって、
だけど確かに歌い手の存在感がそこにある合唱団」にしたいって。

そして、もう一つ僕が常々大事にしたいと思っているのは、
自分たちの音楽がクラシック愛好家だけでなく
普段クラシックを聞かない人にも愛されること、抵抗感がなく受け入れられること。
一言で表すと開かれた音楽がしたい。
誰にも好かれるような、開かれたクラシック音楽、歌の響きを創りたい。

もちろん100%すべての人に好かれるなんてことは不可能だけど、
多くの人に支持されるような方向性ってあると思う。(人間でもそうですよね(笑))

ちなみにWYCはそれを兼ね備えていた。どんな難しいゲンダイ曲をやっても、
古典派やロマン派やルネサンスや、民謡系をやったとしても、
合唱を知らない人が聞いても喜べる。
もちろんポップスを歌ったら、すごく上手、みんなも納得、楽しい!
閉鎖的なところがない。きっと合唱を知らない人でも
絶対に合唱音楽が好きになる演奏をしていた。

それを実現できるのは、若いから、合唱に対する技術があるから
そして、色々な努力や技術があって、成立しているのは十分理解している。

だけど、そういう特殊かつ技術のある人間による集まりだけが
そのような音楽を成立できるのではなく、
音楽に対する熱意があれば、合唱の初心者でも一緒に
共有できるようなそんな合唱団にしたい。

そんなのは不可能ではと思われる。実現はたやすくないのは十分に分かっている。

若くて、優秀な歌い手を集めて作る合唱団の
世界を代表するのがWYCであり、日本にも優秀なYCがある。
また、各地でもそんな活動が行われている。それは本当に素晴らしいことだ。

どんなに合唱が上手な人でも初心者だったわけだし、
それが大人から始めても共有できるような合唱団があってもいいと思う。
だって初めは、みんな初心者からスタートだし。

かなり欲張りな発想だと思う。
だけど、それをやっている合唱団が少ないからこそ、
目指していく価値はあると思う。

他の合唱団の方からすれば、そんなことは、うちも理想としていて
お前だけが理想としているのではないとお叱りを受けるかもしれませんけど・・・

そんなことで、高い目標を掲げながら、どんな人でも受け入れて、
どんな人にも好かれる(開かれた)合唱団としたいのが、
僕の目標、そして僕の勝手な目指すべき合唱団。

こんな理想だけが高い合唱団が一つぐらいあってもバチは当たらないですよね。
もうこれまでに恥をかくだけ、たくさんかいてきたので、
そんなこと気にせず、理想を外に発信しながら進んでみたいと思います。 

来年もさらに楽しく歌い、高みを目指して・・・

今年もたくさんの音楽と仲間と出会い、素晴らしい時間を過ごすことができました。
本当に幸せいっぱいでした。

しかし、個人的には、この年齢にしては厳しいダメだしや悩まされることも多く、久しぶりに
合唱や指揮を続ける難しさを痛感しながらの一年間でしたが、
一緒に歌う多くの仲間と聴いて下さったみなさんのおかげで、
楽しく音楽をすることができました。本当に感謝しています。

来年は、第6回演奏会。そしてコンクール改正の初年度。

年明けからガンガン練習して、
VoxMEAの演奏を聴いてくださる皆さんを
勇気付け元気づけられる演奏ができるよう頑張っていきたいと思います。

来年も素晴らしい仲間と素敵な歌をたくさん歌い、
そしていつもさらなる高みを目指して全員で練習できることを心から願っています。

それでは、皆様よいお年を。

愛知県合唱連盟設立50周年

11/23に愛知県合唱連盟設立50周年の記念パーティーが行われました。
利根さんの代役として参加してきましたが、
利根さんみたいに社交的でもないし、顔が広いわけでもないため、
一部の指導者の先生方とお話したぐらいで、
合唱団のPRなんか、到底できず・・・
大した役割も果たせず、酒を飲んできただけで
すみませんでしたm(_ _)m
愛知県合唱連盟殿からは最近10年間に合唱連盟に加盟して
活動しているということから写真のとおり表彰状をいただきました。
これもVoxMEAとして10年以上の活動を続けることができた成果であり、
ここまで続いたのも一人一人の団員の努力の賜物であり、
本当にうれしい限りです。
練習を取り仕切っている立場からすると
みんなに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
60周年の時にも再び表彰されるよう、
いつも新鮮な気持ち、あくなき向上心、音楽を楽しむ心を持って、
みんなでたくさん歌っていきたいですね。
団員、その家族、そして聴いてくださる皆様
今後ともVoxMEAをよろしくお願いいたします表彰状